日本馬主協会連合会について
日本馬主協会連合会 年表 戻る

メインビジュアル

1960年代

西暦(年号)
内容
1961年(昭和36年)
3月
24日に中央競馬馬主協会連合会の設立総会を新橋クラブで開催
8協会で、全国組織の任意団体として発足
初代会長として鈴江繁一氏が就任
1962年(昭和37年)
11月
2日、鈴江繁一会長逝去
同月、会長職務代行に樋口正一副会長が就任
1963年(昭和38年)
4月
樋口正一氏が会長に就任
1964年(昭和39年)
4月
馬主経済白書ともいえる「競走馬収支調査書」が初めて作成された
1965年(昭和40年)
3月
栗林友二氏が会長就任、樋口正一氏は副会長就任、川端佳夫、中村勝五郎、山口昇の3氏が常務理事になり、常務理事制度の強化を図るとともに札幌、函館、福島、九州の各馬主協会会長の常務理事就任が承認された
1966年(昭和41年)
9月
中央競馬新潟馬主協会が設立され、本会に加入、役員の選出が行われた
1967年(昭和42年)
4月
栗林友二氏が名誉会長、樋口正一副会長が常任顧問となり新会長に中村勝五郎氏が就任
1967年(昭和42年)
5月
常務理事制度を廃止、委員会制度が発足した
1968年(昭和43年)
7月
西日本馬主協会が京都、阪神の2協会に改組、京都馬主協会が8月、阪神馬主協会は10月に入会し、役員の選出が行われた
1969年(昭和44年)
10月
中央競馬社会福祉財団(現・中央競馬馬主社会福祉財団)が馬主の賞金より搬出して設立される

1970年代

西暦(年号)
内容
1972年(昭和47年)
3月
藤田正明(東京)上田清次郎(阪神)田中六助(九州)稲場修(新潟)の各会長が相談役就任
1975年(昭和50年)
4月
藤田正明氏が会長就任、中村勝五郎氏は名誉会長就任
1977年(昭和52年)
1月
前年12月に藤田会長が国務大臣に就任したため1月、小川乕三氏が会長就任
1979年(昭和54年)
3月
会則の変更が行われ①理事、監事の定数増加②副会長を置き、5大場馬主協会長を充てる③「預託料対策委員会」の新設などを決定

1980年代

西暦(年号)
内容
1980年(昭和55年)
4月
6日、小川乕三会長の急逝に伴い、同月25日緊急理事会を開催して後任会長に上田清次郎氏を選出
1983年(昭和58年)
9月
会務の円滑化を図るため会則の一部(理事定数の増)の改正を行った
1985年(昭和60年)
4月
相馬恵胤氏が会長就任
1989年(平成1年)
4月
山本愼一氏が会長就任
消費税の導入によりその転嫁を中央競馬会と折衝し、馬主負担の軽減を図った結果、内税方式として決着
1989年(平成1年)
12月
「事故防止委員会」が新設された

1990年代

西暦(年号)
内容
1990年(平成2年)
11月
連合会創立30周年記念式典を行い農林水産大臣、日本中央競馬会より感謝状を受領
1991年(平成3年)
6月
アラブの取り扱いについて「購買は今年度種付け分までとし、これをもって購買を終了すること」を中央競馬会に申し入れた
1991年(平成3年)
7月
雲仙災害に際して長崎県庁に義援金を拠出
1993年(平成5年)
4月
菅浦一氏が会長就任
1993年(平成5年)
6月
小紫芳夫氏が会長就任
1993年(平成5年)
7月
北海道南西沖地震に際し日本赤十字社に対して義援金を拠出
1993年(平成5年)
12月
理事定数の変更。中央競馬馬主協会連合会を日本馬主協会連合会に名称変更した「社会貢献委員会」「広報委員会」「総括苦情処理委員会」が新設された
1994年(平成6年)
2月
連合会事務局を神谷町に移転
1994年(平成6年)
7月
連合会機関誌「駿風」発行
1995年(平成7年)
10月
各種法律問題に対応するため「特別法務委員会」設置
1996年(平成8年)
3月
連合会創立35周年記念式典
1997年(平成9年)
4月
委員会組織の統廃合を行い、「労務委員会」と「預託料対策委員会」を統合して「労務・預託委員会」とし、「特別法務委員会」を「法務委員会」に名称変更

2000年代

西暦(年号)
内容
2001年(平成13年)
3月
連合会創立40周年記念式典
2001年(平成13年)
4月
谷水雄三氏が会長就任
委員会の統廃合を行い、「総括苦情処理委員会」及び「法務委員会」を廃会し、その会務は「総務委員会」「企画・予算委員会」が引き継ぐこととした
2001年(平成13年)
8月
会則の変更が行われ、「会長会議」並びに「委員長会議」の位置づけ、会計担当理事の職務権限等を明確化した
2003年(平成15年)
4月
和泉信一氏が会長就任
特別委員会として「競馬制度改善委員会」と「競馬振興特別委員会」設置
企画・予算委員会の中に「実務者小委員会」を設置
2005年(平成17年)
4月
松本好雄氏が会長就任
特別委員会の「競馬制度改善委員会」と「競馬振興特別委員会」を廃止
2005年(平成17年)
10月
106年ぶりに天皇皇后両陛下が行幸啓された
2006年(平成18年)
3月
JOA創立45周年を祝う会を実施
2007年(平成19年)
3月
特別委員会として「公益法人制度検討委員会」設置
2007年(平成19年)
8月
美浦・栗東両トレーニング・センターで36年ぶりに馬インフルエンザが発生し、競馬開催中止
2009年(平成21年)
4月
「渉外委員会」と「事故防止委員会」、「社会貢献委員会」と「広報委員会」をそれぞれ統廃合し、「渉外・事故防止委員会」、「社会貢献・広報委員会」とした
2009年(平成21年)
12月
タブロイド版新聞「JOAニュース」発行
2010年(平成22年)
5月
連合会事務所を港区愛宕に移転
2011年(平成23年)
3月
連合会創立50周年式典
東日本大震災発生
2012年(平成24年)
10月
天皇皇后両陛下が行幸啓された
2013年(平成25年)
1月
森保彦氏が会長就任
2013年(平成25年)
3月
特別委員会として「競馬振興特別委員会」設置
連合会事務所を赤坂に移転
2014年(平成26年)
1月
10の馬主協会すべてが一般社団法人に移行
特別委員会「公益法人検討委員会」解散
2016年(平成28年)
3月
日本馬主協会連合会(JOA)ホームページ開設
2017年(平成29年)
4月
大八木信行氏が会長就任

PAGE TOP

PAGE TOP